訪問販売のクーリングオフ

いくら訪問販売でも『いつまでも』、『何でも』クーリングオフができるわけではありません。
どういった条件があればクーリングオフができ、どのような場合にはクーリングオフできないのか解説します。

8日以内ならクーリングオフができる

クーリングオフができるのは、『契約書を受け取った日』から数えて、8日以内です。
勘違いされる方が多いので補足しますと、

ところで、訪問販売の契約書には『厳しい決まり』があります。契約書が決まりを守っていなかったら、『まだ契約書は受け取っていない』ことになります。つまりいつまででもクーリングオフができるのです。

契約書の決まり

記載する事などが必要です。マジックで消したり、名刺を張って見えなくするのもダメです。

クーリングオフができる商品とは

訪問販売でクーリングオフができる商品や権利は『政令で指定された商品や権利など』だけになります。

こんな場合はクーリングオフできません

いくら上の条件を満たしていてもクーリングオフできないときがあります

クーリングオフを妨害された場合

訪問販売をクーリングオフしようと、業者に連絡を入れると

など、クーリングオフを妨害される事があります。すべて違法な行為ですのでクーリングオフの効力は妨げられませんが、もし相手の言う事を信じたり、相手の恫喝に屈して、クーリングオフをしなかった場合には、さらに消費者を保護する規定があります。

クーリングオフ妨害を行った場合、あらためて『8日以内であればクーリングオフができる』と言った書面を消費者に渡さなければなりません。その書面を受け取ってから8日以内であればクーリングオフができます。
書面を受け取っていない場合、いまだクーリングオフの起算日がきていないのでいつでもクーリングオフができます

cooling.gif