マルチ商法のクーリングオフ

いくらマルチ商法(連鎖販売取引)でも無条件にクーリングオフができるわけではありません。
どういった条件があればクーリングオフができ、どのような場合にはクーリングオフできないのか解説します。

20日以内ならクーリングオフができます!

クーリングオフができるのは、『契約書を受け取った日』もしくは、『商品を受け取った日』の遅い方の日から数えて、20日以内です。
勘違いされる方が多いので補足しますと、

ところで、マルチ商法(連鎖販売取引)の契約書には『厳しい決まり』があります。契約書が決まりを守っていなかったら、『まだ契約書は受け取っていない』ことになります。つまり何時まででもクーリングオフができるのです。

契約書の決まり

記載する事などが必要です。マジックで消したり、名刺を張って見えなくするのもダメです。

どんな商品ならクーリングオフができるの?

マルチ商法の場合、訪問販売や電話勧誘販売のように『指定商品制』ではありません。つまりマルチ商法でありさえすれば、どのような物品・権利でもクーリングオフができます

こんな場合はクーリングオフできません

いくら上の条件を満たしていてもクーリングオフできないときがあります

法人との契約はもちろん、個人事業主が店舗でマルチ商法を行う場合はクーリングオフの対象になりません

ただし、店舗主であっても次のような場合、クーリングオフの対象になります。

(例) 八百屋のご主人が、店舗ではマルチに関する営業活動を行わず、店舗外で洗剤を売るなど

クーリングオフを妨害された場合

マルチ商法をクーリングオフしようと、業者に連絡を入れると

など、クーリングオフを妨害される事があります。すべて違法な行為ですのでクーリングオフの効力は妨げられませんが、もし相手の言う事を信じたり、相手の恫喝に屈して、クーリングオフをしなかった場合には、さらに消費者を保護する規定があります。

クーリングオフ妨害を行った場合、あらためて『20日以内であればクーリングオフができる』と言った書面を消費者に渡さなければなりません。その書面を受け取ってから20日以内であればクーリングオフができます。
書面を受け取っていない場合、いまだクーリングオフの起算日がきていないのでいつでもクーリングオフができます

マルチ商法の中途解約

夢いっぱいにはじめたマルチだけど、ぜんぜん儲からないし、商品で部屋はいっぱいだし・・・
クーリングオフの期間はとっくにすぎてしまって・・・

商品が返品できるかもしれません!
さすがに無条件とはいきませんが、返品できるにこしたことはないですね!?

マルチ商法(連鎖販売取引)の中途解約はこちらです。

cooling.gif