預託取引契約

現物まがいに手を出して後悔しているけれど、クーリングオフの期間は過ぎてしまった・・・
大丈夫、預託取引契約(現物まがい商法など)は中途解約できます。

中途解約をすると

預託取引契約を中途解約すると、『預けているはずの現物を返してもらう』か『現物ではなく、その代金を返してもらう』ことができます。

なお中途解約する場合、クーリングオフと違い預託取引の業者は損害賠償を請求することができます

中途解約に対する損害賠償請求

中途解約における損害賠償額は 『契約当時の商品価格の10%を上限』 とします。

契約書に違約金や損害賠償について特約があっても、「契約当時の商品価格の10%」を超える金額は支払う必要はありません。

※時価ではなく、契約当時の価格になるので、相場により価格変動の激しいものは注意が必要です。

例 : 購入時 1000万円、相場が下がって時価500万円の商品の場合、違約金の上限は100万円です。