内容証明の形式

内容証明を書く場合の注意点ですが、大きくは次の2点があります。

  1. 内容証明郵便に定められた形式である事
  2. 郵便物の内容(文章)についての注意

まずは、形式的な注意点から見ていきます。

文字数の制限

区別 字数・行数の制限
縦書きの場合 ・1行20字以内、1枚26行以内
横書きの場合 ・1行20字以内、1枚26行以内
・1行13字以内、1枚40行以内
・1行26字以内、1枚20行以内

文字の数え方は事細かに決められています。文字を装飾しない限り、あまり気にする必要はありませんが、この制限をオーバーすると差し出せませんので注意が必要です。

ワープロを使用する場合は次のことに気をつければ問題ないでしょう。

文字数や行の制限はあくまで上限ですので、縦書き15文字・20行でも何ら問題ありません。
ワープロで1文字少なく設定するのは、行末に句読点やカッコがはいると、1文字余分に入ってしまい、結果一行の文字数がオーバーしてしまう事を防ぐためです。
また、修飾文字では1文字で2文字とカウントするものもあるため、「修飾文字を使用せず、一行の文字数を一文字少なく設定」すれば、まず間違いは起きないでしょう。